研究開発分野 JFCC Home Link Site Map English
受託研究 試験評価 機器利用 技術相談 標準物質 賛助会員
センター紹介 研究開発 材料技術研究所 ナノ構造研究所 広報活動 アクセスマップ


最先端機器・技術紹介 研究開発トップへ この分野の一覧へ 2012年度の一覧へ

2012-15

噴霧熱分解法による高機能セラミックス微粒子合成


技術のポイント

球状で粒子径が揃った微粒子が合成可能
2相以上からなる複合微粒子を単一プロセスで合成可能



保有技術・設備

噴霧熱分解合成装置
目的組成の原料溶液から生成したミストの乾燥・熱分解を連続的に行う合成方法

噴霧熱分解合成装置 合成原理図 噴霧熱分解合成微粒子

組成ずれが少ない微粒子
複合微粒子を直接合成可能
粒子径が揃った球状粒子 微細構造制御が可能
本技術関連特許
特願2008-179404 特願2010-276213
特願2011-93388 特願2011-229779


活用/成果の例
高性能SOFC用電極材料および精密研磨用砥粒への適用

混合粒子と噴霧熱分解合成複合微粒子を
電極として用いたSOFC発電特性
関西電力(株)との共同研究の一環として実施
固相法と噴霧熱分解法で合成した同じ組成の砥粒による研磨特性
NEDO希少金属代替PJ「代替砥粒及び革新的研磨技術を活用した
精密研磨向けセリウム低減技術の開発」」の一環として実施


適用分野

噴霧熱分解合成の特徴を活かして、

・燃料電池用電極材料

・多孔質触媒材料

・センサー材料

・精密研磨用砥粒

などの高機能微粒子の合成に適用可能
従来の混合粒子 従来の微粒子
噴霧熱分解合成微粒子 噴霧熱分解合成微粒子
電気化学反応場の増加 均質・均一な微粒子



研究成果トップに戻る この分野の一覧に戻る 2012年度の一覧に戻る
Copyright (c) by Japan Fine Ceramics Center All rights reserved.