研究開発分野 JFCC Home Link Site Map English
受託研究 試験評価 機器利用 技術相談 標準物質 賛助会員
センター紹介 研究開発 材料技術研究所 ナノ構造研究所 広報活動 アクセスマップ


最先端機器・技術紹介 研究開発トップへ この分野の一覧へ 2012年度の一覧へ

2012-17

セラミックス研究を支える高精度加工技術


技術のポイント

さまざまな分野に関係するセラミックス研究を高精度加工技術によりバックアップ



保有技術・設備

ハニカム構造材料の加工
DPFなどのハニカム構造材料の機械特性・熱特性・細孔分布等の測定用試験片加工。
ワックスレス加工も一部対応可能。

試験片加工例
曲げ強さ試験片
約5×10×40mm
熱膨張係数試験片
約3×4×20mm
熱伝導率試験片
Φ10×t mm(ハニカム壁厚程度)

鏡面加工
ダイヤモンドスラリーによるセラミックスの表面研磨。
鏡面加工、ウェハ等の薄片加工に使用。非水研磨加工も対応可能。

鏡面加工装置 薄片加工例

その他
平面研削盤、NCスライサー、円筒加工装置、マシニングセンタなどの保有設備

機械特性・熱特性・電気特性など様々な材料評価に対応した高精度試験片加工


適用分野

・DPFの開発に必要な特性評価の試験片加工
・SEM観察、亀裂観察、圧着試験面の平坦化など。また非水加工にも対応可
・ラボレベルから量産加工まで材料評価の信頼性を向上させる高精度なテストピース作製



研究成果トップに戻る この分野の一覧に戻る 2012年度の一覧に戻る
Copyright (c) by Japan Fine Ceramics Center All rights reserved.