研究開発分野 JFCC Home Link Site Map English
受託研究 試験評価 機器利用 技術相談 標準物質 賛助会員
センター紹介 研究開発 材料技術研究所 ナノ構造研究所 広報活動 アクセスマップ


最先端機器・技術紹介 研究開発トップへ この分野の一覧へ 2015年度の一覧へ

2015-31

液相合成によるナノ粒子合成技術


技術のポイント

・粒子径が揃ったナノ粒子合成が可能
・微粒子への表面コートが可能



保有技術・設備
用途に応じてサイズや組成・形状の最適化が可能

手法: ゾルゲル法
ホットソープ法 
還元析出法
逆ミセル法
       など
●サイズや組成を制御し、触媒活性などの最適化が可能
●用途に応じて最適な作製法を選択

活用/成果の例
金属触媒や高密度磁気記録媒体などへの応用
表面コート(複合粒子)による電場応答性砥粒への応用

粒子径(〜100 nm)・形状を制御可能

表面修飾により有機溶媒系から
水系分散粒子に変更変換可能
微粒子の表面へのシリカコートが可能


適用分野

・透明電極
・バイオセンサー
・太陽電池
・電極触媒
・精密研磨剤
・発光材料      など



研究成果トップに戻る この分野の一覧に戻る 2015年度の一覧に戻る
Copyright (c) by Japan Fine Ceramics Center All rights reserved.