研究開発分野 JFCC Home Link Site Map English
受託研究 試験評価 機器利用 技術相談 標準物質 賛助会員
センター紹介 研究開発 材料技術研究所 ナノ構造研究所 広報活動 アクセスマップ


最先端機器・技術/電気特性 研究開発トップへ 2016年度の一覧へ

T-15
2016

電気抵抗評価技術


技術のポイント

・被測定物の抵抗値により測定方法を2種類から選択
・高温(〜1200℃)及び各種雰囲気での測定も可能



保有技術・設備

測定
方法
測 定 
範 囲
試料形状
サイズ
測定温度範囲
測定雰囲気
関連規格
直流
3端子法
体積抵抗率106〜1017Ωcm
表面抵抗率105〜1016Ω
Φ20mm(高温)
□63.5〜100mm(室温)
厚み0.5〜3mm
R.T.〜1200℃
Air,N2,Ar
JIS C2141
JIS C2319
直流
4端子法
10-3〜106Ωcm 角柱,円柱,短冊
□3〜5mm, Φ3〜5mm
長さ25〜40mm
R.T.〜1200℃
Air,N2,Ar,H2
JIS R1661
ASTM
D4496-04


直流3端子法
3端子法による抵抗率測定例
(SRM-624,NIST)

直流4端子法
4端子法による抵抗率測定例
(YSZ,CeO2


適用分野

酸化物及び非酸化物系セラミックス基板材料や電極材料、電解質材料等の絶縁性及び導電性評価
(開発品の物性評価、製品の品質管理など)



研究開発トップに戻る
Copyright (c) by Japan Fine Ceramics Center All rights reserved.