研究開発分野 JFCC Home Link Site Map English
受託研究 試験評価 機器利用 技術相談 標準物質 賛助会員
センター紹介 研究開発 材料技術研究所 ナノ構造研究所 広報活動 アクセスマップ


最先端機器・技術/非破壊試験・表面分析 研究開発トップへ 2016年度の一覧へ

T-22
2016

デュアルビームFIB-SEM装置を用いた三次元解析技術


技術のポイント

FIBによるスライス加工とSEMによる断面観察を連続的に行い取得した多数のSEM像をコンピュータで三次元再構成



FIB-SEMデュアルビーム
加工観察装置
大電流による“高速”かつ“精密”な「FIB加工」と高分解能「SEM観察」を同時に行うことが可能




適用分野

材料内部構造の三次元解析
 ・サブミクロンサイズの空隙、析出物、添加物などの分布サイズ等の可視化

試験評価もお受けします
<ご参考価格>

加工条件検討 :\100,000〜150,000
スライス像取得 :\2,000 /1枚 ※100枚以上は数量割引有
3D画像構築  :\80,000〜  ※内容に依る
例) 焼結体で100枚スライス+空隙分布を3D構築:50万円程度

謝辞: 事例1および2に示す結果は、高温超電導コイル基盤技術開発プロジェクトの一環として経済産業省の委託、事例3に示す結果は革新型蓄電池先端科学基礎研究事業(RISING)の一環としてNEDOの委託により実施したものである。



研究開発トップに戻る
Copyright (c) by Japan Fine Ceramics Center All rights reserved.