研究開発分野 JFCC Home Link Site Map English
受託研究 試験評価 機器利用 技術相談 標準物質 賛助会員
センター紹介 研究開発 材料技術研究所 ナノ構造研究所 広報活動 アクセスマップ


最先端機器・技術/特性評価技術 研究開発トップへ 2017年度の一覧へ

T-13
2017

誘電材料の温度特性評価技術


技術のポイント

誘電材料の温度特性を把握することで、電子デバイスの安全性・快適性・省エネルギー性能の向上に寄与



保有技術・設備
インピーダンス・アナライザ
E4991B
周波数 :1MHz〜3GHz
基本確度:±0.65%
温度  :-30℃〜80℃
誘電/磁性材料の評価

PNAネットワーク・アナライザ
N5227A
周波数 :5.6GHz〜110GHz
測定精度:40dBのとき±1dB以下
(@ダイナミックレンジ60dB)
温度 :室温〜1000℃
電波吸収特性/誘電特性の評価


適用分野

○誘電特性評価
 ・プリクラッシュセーフティーシステム
 ・ミリ波無線LAN/PAN用高周波回路基板
 ・フィルタ基板材料
 ・アンテナ基板材料
 ・コンデンサ材料
 ・誘電体共振器材料
○電波吸収特性評価
 ・電波吸収体パネル
 ・ノイズ抑制シート



研究開発トップに戻る
Copyright (c) by Japan Fine Ceramics Center All rights reserved.