研究開発分野 JFCC Home Link Site Map English
受託研究 試験評価 機器利用 技術相談 標準物質 賛助会員
センター紹介 研究開発 材料技術研究所 ナノ構造研究所 広報活動 アクセスマップ


最先端機器・技術/分析解析技術 研究開発トップへ 2017年度の一覧へ

T-33
2017

収差補正電子顕微鏡によるソフトマテリアル観察


技術のポイント

対物レンズの球面収差および焦点外し量を最適化することによりソフトマテリアル中の軽元素を可視化する



保有技術・設備

収差補正透過電子顕微鏡
 
収差補正透過電子顕微鏡の主な仕様
製造メーカー: FEIカンパニー
型式:Titan ETEM
電子銃:ショットキー型電子銃
加速電圧:80-300kV
収差補正器:CEOS社製CETCOR
検出器:高感度スロースキャンCCDカメラ
球面収差補正原理


活用/成果の例

有機顔料分子の高分解能観察例
緑色顔料 収差補正TEM生画像 収差補正TEM像(フィルター処理)



適用分野

ソフトマテリアルの高分解能微構造解析
  ・分子性結晶,高分子結晶,多孔性セラミックス
  ・結晶構造、欠陥・界面構造、表面構造



研究開発トップに戻る
Copyright (c) by Japan Fine Ceramics Center All rights reserved.