プレスリリース JFCC Home Link Site Map English
受託研究 試験評価 機器利用 技術相談 標準物質 賛助会員
センター紹介 研究開発 材料技術研究所 ナノ構造研究所 広報活動 アクセスマップ
プレスリリース

<< 戻る 2016年6月29日


環境電子顕微鏡を用いた金ナノ触媒反応の直接観察に成功 〜 反応機構の解明・新しい機能をもつ触媒の開発に道 〜

本研究の【概要詳細

1.現状と課題
 排ガス浄化などの環境対策は喫緊の課題であり、そのためには浄化触媒を高効率、高機能化することが大変重要です。金ナノ触媒は有望な材料のひとつですが、その反応機構は明らかになっていませんでした。


2.研究開発の内容
 本研究では、反応中の触媒の挙動を直接観察できる特殊な電子顕微鏡(環境電子顕微鏡)を開発しました。これを用いて金ナノ触媒を観察し、反応が起こる場所を特定することに成功しました。


3.今後の展開
 触媒反応のメカニズムを解明することで、触媒の効率向上、劣化抑制のための指針を示すことが出来ます。また、新しい機能を持つ触媒の開発にも道を拓くことが期待されます。

反応中の金ナノ触媒の電子顕微鏡像と解明された反応モデル
(a)反応前の表面には何もないが、(b)反応中には矢印部にプロピレンオキサイドが生成していることから、(c)の模式図のように、金と基板の界面周囲が反応場所と判明した。

※本成果は、科研費(基盤C;#25390078)およびナノ材料科学環境拠点(GREEN)の支援を受けて得られたものです


本研究の詳細はこちら
<< 戻る

内容に関するお問合せは下記まで。

お問合せ先
〒456-8587 名古屋市熱田区六野二丁目4番1号
(一財) ファインセラミックスセンター 研究企画部
TEL 052-871-3500
FAX 052-871-3599
e-mail:ressup@
(※メール発信は@の後ろに jfcc.or.jp を付けて送付ください)

Copyright (c) by Japan Fine Ceramics Center All rights reserved.