メールマガジン JFCC Home Link Site Map English
受託研究 試験評価 機器利用 技術相談 標準物質 賛助会員
センター紹介 研究開発 材料技術研究所 ナノ構造研究所 広報・普及啓発 アクセスマップ
JFCCメールマガジンのご案内

メールマガジンは日頃からJFCCをご支援して頂いている方々のために、ファインセラミックスやJFCCに関するニュースを提供するサービスです。

ご利用について
下記フォームにて、メールアドレスの登録をして下さい。登録されたメールアドレス宛に「登録確認メール」が届きます
当メールマガジンは無料(通信料金は除く)でご利用になれます
ウイルス防止のためファイルの添付は行いません(添付ファイルのついたメールは偽物です)
 新規登録及び登録情報の変更・登録解除はご自身でお願いします


     

メールマガジン 最新号

 
JFCC メールマガジン 第342号【2月14日号】
 メールマガジンご登録者 各位

 すこしずつ気温も高くなり、またインフルエンザの流行もピークを越えたようです。季節の変わり目で寒暖差が
激しくなる場合もありますので、皆様お気をつけください。
いつもJFCCメールマガジンをお読みいただきありがとうございます。
セラミックスを主とした材料に関する技術相談、試験評価、受託研究はJFCCまでお気軽にご相談ください。


 保有特許紹介■ カーボンナノチューブを用いたガス分離材及びその製造方法

 トピックス1■ JFCC保有登録特許リスト更新しました

 トピックス2■ 第26回ナノ構造研究所材料計算セミナー開催のご案内(3月5日開催)

 トピックス3■ 第6回最先端の顕微鏡と理論計算に関する国際シンポジウム(AMTC6)のご案内




 保有特許紹介■ カーボンナノチューブを用いたガス分離材及びその製造方法



 JFCCの単独保有する知的財産権を紹介いたします。ぜひご活用をご検討ください。

◯名  称:カーボンナノチューブを用いたガス分離材及びその製造方法

◯特許番号:特許第4450602号

◯特許概要:多孔質基材の上に低密度のグラファイト層を介して、表面に長さ500nm以下のカーボンナノチューブ
      (CNT)を製膜する製造法に関する発明です。本方法を用いることで、ガス分離に優れた分離膜の製造が
      可能です。
      通常のナノ細孔を有する炭素分離膜は中空繊維状のポリイミドなどを炭化させて作製されますが、
      本発明では炭化ケイ素の加熱分解によってCNT層を作製し、これを分離活性層としています。
      本手法で作製されたCNT分離膜は緻密で高い配向性を有しており、耐環境性と共に実用化に重要な透過性に
      優れています。

    
本特許にご興味のある方は下記までご連絡ください。

   問い合わせ先:JFCC研究企画部 服部 
   E-mail:masateru_hattori@ (※@の後ろにjfcc.or.jpをつけてご送信ください。)
   TEL:052-871-3500   FAX:052-871-3599





 トピックス1■ JFCC保有登録特許リスト更新しました



 JFCCが単独で保有する登録特許リストを更新しました。

下記HPをご覧ください。

 ⇒ http://www.jfcc.or.jp/32_license/


ご興味のある特許がございましたら、下記までお問い合わせ下さい。

   問い合わせ先:JFCC研究企画部 服部 
   E-mail:masateru_hattori@ (※@の後ろにjfcc.or.jpをつけてご送信ください。)
   TEL:052-871-3500   FAX:052-871-3599





 トピックス2■ 第26回ナノ構造研究所材料計算セミナー開催のご案内



 ナノ構造研究所の活動の一環として材料計算セミナーを開催いたします。
今回は、Tamkang University Ming-Hsien Lee教授をお招きして、最新の第一原理計算技術およびそれを応用した
非線形光学材料、EELSスペクトルの理論計算に関する講演を開催いたします。
 また、当日は日本語によるディスカッションタイムを設けています。皆様のご参加をお待ちしています。
 

○開催概要

・開催日時: 2019年3月5日(火) 14:00(受付開始:13:30)〜17:00

・開催場所: 一般財団法人ファインセラミックスセンター 研修室 

・講  師: Tamkang University Ming-Hsien Lee教授
     
・定  員: 20名(先着順)

・参 加 費: 無 料

・申込方法:氏名、所属・連絡先(Eメール)を明記して、電子メールで申込みください。
        申し込み先 担当 田口 e-mail :a_taguchi@
                        (※@の後ろに jfcc.or.jp をつけてご送信ください。)

・プログラム:13:30  受付開始

       14:00  開会挨拶 ナノ構造研究所 計算材料グループ グループ長 森分博紀

       14:10  最新の第一原理計算とその応用鵯 Tamkang University Ming-Hsien Lee教授
            「New Tools Set for Visualising ab initio Physical Properties with Chemical Intuition :
             SHG-density for Non-linear optical crystals, bond-type projected EELS spectra,
             and possible new descriptors for materials informatics」

       15:20  休憩

       15:50  計算デモ

       16:30  ディスカッションタイム

       16:55  まとめ

       17:00  終了予定

詳細は下記JFCCホームページをご覧下さい。

⇒ http://www.jfcc.or.jp/26_event/#26nano_keisan





 トピックス3■ 第6回最先端の顕微鏡と理論計算に関する国際シンポジウム(AMTC6)のご案内



 JFCCが主催する最先端の顕微鏡と理論計算に関する国際シンポジウム(The 6th International Symposium on
Advanced Microscopy and Theoretical Calculations (AMTC6)の専用ホームページを開設しています。
演題申込、参加登録等開始していますので、ぜひご覧下さい。

    AMTC6ホームページ ⇒ http://amtc6.com/
 
    JFCCホームページからもご覧いただけます ⇒ http://www.jfcc.or.jp/26_event/#amtc6

○開催概要

・開催日時:2019年6月14日(金)〜6月15日(土)
  
・開催場所:愛知県産業労働センター「ウインクあいち」 名古屋市中村区名駅4丁目4-38

・参加登録費:無料 ※バンケット(6月14日)は有料です(3,000円) 

★演題申込みはこちら

 ⇒ http://amtc6.com/topic/

★参加登録はこちら

 ⇒ http://amtc6.com/regist/





◯お詫びと訂正

 前回のメールマガジン第341号【1月30日号】の、【トピックス2■ 『金属』誌でJFCCが特集されました。】
において『金属』誌の出版社が「株式会社技術センター」となっておりましたが、正しくは「株式会社アグネ技術センター」でした。
 訂正するともに関係者の方にはお詫び申し上げます。




当システムに関するお問い合わせはE-mail:homepage@まで。
(※メール発信は@の後ろに jfcc.or.jp を付けて送付ください)


Copyright (c) by Japan Fine Ceramics Center All rights reserved.