プレスリリース

Press Releases

掲載論文

本成果は2022年6月13日に米国化学学会「Nano Letters」に掲載されました。

著者:Shunsuke Kobayashi, Daisaku Yokoe, Yasuyuki Fujiwara, Kazuaki Kawahara, Yuichi Ikuhara, Akihide Kuwabara

タイトル:Lithium Lanthanum Titanate Single Crystals: Dependence of Lithium-Ion Conductivity on Crystal Domain Orientation

掲載誌:Nano Letters (2022)

DOI:10.1021/acs.nanolett.2c01655

本研究成果は東京大学との共同研究による成果であり、一部は、JSPS科研費JP19H02606、JP21K18196、JP22H04914、文部科学省マテリアル先端リサーチ事業(JPMXP09A21UT0037)として東京大学の支援、および防衛装備庁が実施する安全保障技術研究推進制度JPJ004596の助成を受けて行われたものです。また、本研究に用いた単結晶はトヨタ自動車株式会社のご協力によりご提供頂きました。

用語説明

※1 チタン酸ランタンリチウム

 組成式La2/3-xLi3xTiO3で示されるペロブスカイト型酸化物。酸化物系の中で高いリチウムイオン伝導度を示す材料である。

※2 固体電解質

 イオン伝導性を示す固体であり、リチウムイオン二次電池においてはリチウムイオンが伝導する。全固体電池では正極と負極の間に用いられ、充放電における各電極間のリチウムイオン交換の役割を担う。

※3 全固体電池

 一般的なリチウムイオン二次電池には液系の電解質が用いられている。全固体電池では、固体の電解質を用いることで、電池全体が固体の材料で構成されている。

※4 走査透過型電子顕微鏡法 (STEM)

 0.1 nm以下にまで収束した電子プローブを試料に照射・走査し、原子による散乱を利用して原子像を取得する電子顕微鏡法。

※5 電子線後方散乱回折法 (EBSD)

 料に電子線を照射したときに試料表面から発生する回折パターン(EBSDパターン)を利用して,電子線照射領域の結晶方位に関する情報を得る分析法。一般的に走査電子顕微鏡(SEM)と組み合わせて用いられる。

掲載内容についてのお問い合わせ等がございましたら、下記までご連絡ください。

〒456-8587 名古屋市熱田区六野二丁目4番1号
(一財) ファインセラミックスセンター 研究企画部
TEL 052-871-3500
FAX 052-871-3599
e-mail: ressup@
(※メール発信は@の後ろに jfcc.or.jp を付けて送付ください)

研究担当者
ナノ構造研究所 電池材料解析グループ 小林 俊介(こばやし しゅんすけ)