ナノ構造研究所

Nanostructures Research Lab

電池材料解析グループ

電池材料の性能を決めるメカニズムを電子・原子レベルで解明する

 電池の発電(充電)中、電池材料中では電解質を介して二つの電極間をイオンが移動し、このイオンの移動のしやすさで電池の出力特性が決まります。固体中のイオンの移動現象は表面や粒界のような「界面」で律速されることが多く、電池の性能向上のためには界面でのイオン移動現象を最適化する必要があります。我々は、走査透過型電子顕微鏡(STEM)による観察や第一原理計算による理論解析を通じて、「界面」の原子構造や電子構造を解明し、電池材料の設計指針を提示することでその高性能化に貢献します。
 また、我々が保有する解析手法は、電池材料以外の機能性材料にも積極的に展開しています

正極活物質LiFePO4の(010)表面原子構造のSTEM観察像
正極活物質Li2MnO3中のドメイン境界のSTEM観察像
ドメイン境界を通過するLiイオンの移動エネルギーの第一原理計算
職名 氏名 学位 担当分野
グループ長
主任研究員

くわばらあきひで

桑原 彰秀

research map
博士 (工学) 第一原理計算による物性解析、
点欠陥、界面の原子・電子構造解析
主任研究員

いくはらゆみ

幾原 裕美

research map
博士 (工学) セラミックス材料の合成・解析
上級研究員

すがわらよしひろ

菅原 義弘

research map
  ヘテロ界面の結晶構造解析
上級研究員

こばやししゅんすけ

小林 俊介

research map
博士 (科学) 電子顕微鏡による材料解析
研究員

おおもりゆうき

大森 雄貴

修士 (学術)  
研究員待遇

ふぁんしんほえ

黃 馨慧

research map
博士 (工学) 電子顕微鏡による材料解析

戻る