ナノ構造研究所

Nanostructures Research Lab

世界最高レベルの解析力でものづくりを支援する

 JFCCでは、設立当初より微構造解析・計算を重点研究分野のひとつとして、透過型電子顕微鏡技術を駆使した各種材料・デバイスの微構造解析、材料設計シミュレーションで大きな成果を上げてきました。

 こうした中、中部産業振興協議会の中部ナノテク推進会議において、ものづくりの中心である中部にナノテクの推進力となる公的研究機関をつくるべきとの構想が打ち出されました。その具体化において、新しい財団の設立ではなく既存のファインセラミックスセンターを最大限活用することなり、JFCCと中部経済連合会が共同で設立準備を進め、政府機関、地元自治体、大学、企業各社のご指導、ご支援により2007年4月にJFCCの2つ目の研究所としてナノ構造研究所を設立いたしました。

 ナノ構造研究所は、透過型電子顕微鏡による「微構造解析技術」と第一原理計算による「計算材料設計技術」を両輪として、原子・電子構造の視点から現象を理論的に解明・予測し、産業界が求める新材料開発の効率化・競争力強化に貢献しています。

ナノ構造研究所

所長

たかたまさすけ

高田 雅介

副所長

ひらやまつかさ

平山 司

research map
特任主席研究員

ささきゆうきち

佐々木 優吉

research map

研究グループ