イベント

Event information

2021年度 第2回JFCC先端技術セミナー「ゼロエミッション技術とコロナ感染対策をめざした革新材料開発/解析技術」のお知らせ

 平素よりJFCCの業務にご理解とご協力を賜り、誠に有難うございます。
 カーボンニュートラルに向けた取り組みやコロナ対策が喫緊の課題となっている昨今の状況を踏まえ、JFCCにおける当該分野での最先端の研究開発の取り組みをオンラインでご紹介させて頂きます。皆様の技術開発の一助となれば幸甚です。
 皆様のご参加をお待ち申し上げております。

【日時】  2021年10月5日(火)13時30分~15時

【配信方法】Teamsで配信

【参加費】 無料(要事前登録)

【定員】  300名(先着順)

【プログラム】 各講演30分、質疑10分

 講演1:電子顕微鏡を用いた材料解析 ~複合評価・解析による課題解決~

 講演者:ナノ構造研究所 主任研究員 加藤 丈晴

 概 要:材料を開発する上で、その微細組織を把握することは極めて重要です。本講演では、主に、集束イオンビーム(FIB)-走査型電子顕微鏡(SEM)複合機を用いた燃料電池モデル材料の3次元解析と、後方散乱電子回折(EBSD)/エネルギー分散X線分光(EDS)複合評価法による超電導接合組織の組成および結晶方位解析結果について紹介します。その他、JFCCでは透過型電子顕微鏡(TEM)、SEM観察に必要な試料作製および観察ノウハウを多数保有しておりますので、材料の組織観察にお困りの場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。

 講演2:超高感度ウイルス検出用磁性微粒子の開発 ~セラミック微粒子合成法の応用展開~

 講演者:材料技術研究所 上級研究員  橋本 雅美

 概 要:ウイルス検出用磁性微粒子の感度を上げるためには、抗体の結合サイトの上昇および磁気応答性を上げることが必要です。本講演では、JFCCが保有するセラミックス微粒子合成手法である噴霧熱分解法を利用して組織制御を行うことにより、従来のポリマー粒子中に酸化鉄が分散した構造よりも、比表面積が大きく、酸化鉄含有量の多い微粒子の合成手法を紹介致します。

【お申し込み締切】 9月30日(木)
 参加申込いただいた方には、後日ご入力いただいたe-mailアドレスへセミナーのご招待メールをお送りいたします。
【お申し込み方法】
 下記「お申込み」ボタンより申込みページに入り、必要事項を入力の上、お申し込みください。
 その後[受付完了]メールが届きます。
 内容変更や取消の際に必要となりますので、セミナー終了まで保管をお願いいたします。
 [受付完了]メールが届かない場合は、再度入力送信頂くか、事務局
 (sentan_seminarjfcc.or.jp)までメール頂きますよう、宜しくお願いいたします。

お申込み

 (※@はテキストコピーできませんのでご注意ください)

2021年度JFCC研究成果発表会にご参加いただき、ありがとうございました

 7月に東京、名古屋、大阪の3会場での開催を予定しておりました2021年度JFCC研究成果発表会については、昨今の状況を鑑み、会場での開催は中止し、オンライン開催とさせていただきました。

[プログラム]
13:00~13:05主催者挨拶
13:05~13:15ガイダンス
13:15~14:45第1部 口頭発表
 革新環境材料 5件
 高性能パワーデバイス 1件
 次世代エネルギーデバイス 6件
 高精度性能予測計算科学 2件
14:45~15:00休憩
15:00~16:30第2部 ポスター発表(オンラインでの質疑応答あり) 41件

発表タイトル・アピールポイント

※形式 :重点口頭発表[10分]、:ショートプレゼンテーション[5分]、:ポスターのみ

研究成果

革新環境材料

R-1エネルギーマネジメントに貢献する光学薄膜

光⇔熱エネルギー変換膜の開発基盤を展開し新機能の創出へ【技術シーズ:光学設計/成膜/評価の独自ソリューション】

R-4輻射熱反射用酸化物膜の微量添加元素の効果

マクロ的物質移動と微量元素の局所構造解析の融合【技術シーズ:高温酸素透過試験/XANES/HARECXS】

R-5ナノドメイン形成による耐熱性酸化物の低熱伝導化

遮熱コーティング用酸化物への元素ドープによる局所構造制御【技術シーズ:高分解能TEM/放射光XRD】

R-6酸化物保護膜の酸素遮蔽性に及ぼす粒界偏析元素の機能

粒界偏析元素解析から保護膜性能向上へ【技術シーズ:膜表面・空間電荷形成/易動度】

R-7水素分離膜の高透過率化

ガス透過率の更なる向上を目指す分離膜製造法の提案【技術シーズ:対向拡散CVD膜合成法】

R-8レーザー焼結による緻密質・多孔質アルミナの作製

レーザー加熱を用いた省エネ・短時間焼結プロセス技術【技術シーズ:レーザー焼結】

R-9レーザー昇華堆積法によるSiC成膜技術の開発

安価な原料を用いた結晶性SiCコーティングの高速作製技術【技術シーズ:高速レーザー昇華堆積法】

R-10CFRP製水素タンクからの過熱水蒸気を利用した炭素繊維回収

大型CFRP製タンクから高品位炭素繊維を回収【技術シーズ:過熱水蒸気処理】

R-11高感度なウイルス検出を目指した超常磁性微粒子の開発

ウイルスの高感度検出を多孔質な超常磁性微粒子で実現【技術シーズ:噴霧熱分解粉体合成法】

高性能パワーデバイス

R-12パワー半導体材料のX線トポグラフィーオペランド観察法開発

欠陥の高分解能リアルタイム観察【技術シーズ:オペランド観察のX線トポグラフィー技術】

R-13GaNウエハ転位の非破壊高速検出

非破壊、短時間でのウェハ全面検査の可能性【技術シーズ:共焦点微分干渉顕微鏡法/非破壊検査】

R-14ワイドバンドギャップ半導体結晶の加工変質層厚推定方法の開発

パワー半導体加工時に発生する欠陥伸展深さの推定【技術シーズ:モデル加工による導入欠陥構造の解析】

R-15電子線回折情報を用いたパワー半導体の高度欠陥構造解析

高精度・3次元欠陥生成メカニズム詳細解析【技術シーズ:透過電子顕微鏡TEM/電子線回折手法】

次世代エネルギーデバイス

R-16SOEC・SOFCの酸素極界面構造に及ぼすTiO2添加の効果

界面高抵抗相形成の抑制メカニズム解析【技術シーズ:界面制御技術】

R-17層状ペロブスカイトBa2ScHO3の欠陥構造とヒドリド伝導性

新奇固体電池電解質のイオン伝導メカニズム解析【技術シーズ:網羅的欠陥エネルギー計算による解析】

R-18逆ペロブスカイト型複合アニオン化合物におけるイオン伝導

新奇固体電池電解質のイオン伝導メカニズム解析【技術シーズ:格子振動計算によるイオン伝導性解析】

R-19Li過剰系正極材料におけるLi脱離界面の原子構造解析

Liイオン電池正極開発への応用が期待できるメカニズム解析【技術シーズ:原子分解能STEM】

R-20電気化学測定に連動した亜鉛電極表面反応のその場観察

電析反応のモニターとミクロな挙動の相関解析【技術シーズ:透過電子顕微鏡による液中その場観察】

R-21電子線ホログラフィーによる太陽電池の光起電力効果の直接観察

光照射環境下の材料・デバイスの電位評価【技術シーズ:電子線ホログラフィー/オペランド観察】

R-22MoS2へのLiインターカレーションその場TEM観察

電気化学反応を再現可能なその場観察手法の開発【技術シーズ:その場TEM観察+電気化学プローブホルダー】

R-23Ca、Zn添加β-Ga2O3における光触媒活性に及ぼす欠陥状態の解析

光触媒材料における添加元素効果の原子論的メカニズム解明【技術シーズ:第一原理計算/点欠陥解析】

画期的微構造解析・処理技術

R-24分子スケール直接観察による有機配向膜の構造解析

新規解析法で低電子線耐性材料内の欠陥構造を可視化【技術シーズ:高分解能TEM観察像+モアレ重畳解析】

R-25酸化物高温超電導接合線材REBa2Cu3Oyの接合組織

超電導機器の小型化が期待される接合界面組織の解明【技術シーズ:界面原子レベル整合性解析技術】

R-26X線回折と理論計算を用いた添加元素近傍結晶構造の精密解析

高分解能X線回折と理論計算による精密な結晶構造解析【技術シーズ:高分解能X線回折+第一原理計算解析】

R-27触媒Pt粒子表面の原子間距離計測

ピコメートルスケールでの原子構造解析の実現【技術シーズ:STEM法高精度画像取得+解析技術】

高精度性能予測計算科学

R-28セラミックスの粉末成形・焼結プロセスシミュレーション

成形時の組織の不均一性と焼結体形状を解析-予測【技術シーズ:粉体成形・焼結シミュレーション】

R-29表面拡散を考慮した焼結初期過程のモデリング

初期焼結過程を物質移動モデル計算で表した基礎研究【技術シーズ:焼結過程計算解析】

R-30MAS-NMRと第一原理計算の併用による結晶内微量元素の局所構造解析

極微量成分の第一原理計算による配位環境解析【技術シーズ:NMR分析の第一原理計算】

R-31ペロブスカイト型LaLuO3系機能性材料の理論計算

電子セラミックスの基礎特性を理論的予測【技術シーズ:第一原理計算/フォノン分散計算】

R-32ウルツ鉱型強誘電体のマテリアルズインフォマティクス

計算による材料探索→機能特性vs材料構造の相関抽出【技術シーズ:マテリアルインフォマティクス(MI)】

試験評価技術

加工・プロセス

T-4電子ビームPVDによる実用先進コーティング技術

電子ビームPVD(国内最大級の装置)により、多様なセラミックスコーティングの高速成膜が可能

T-7革新材料開発を支援する焼結シミュレーションSinterPro

焼結シミュレーションソフトウェアにより焼結部材開発時の課題を解決し、開発の短縮化・高効率化に貢献

機械特性

T-11強化繊維の引張特性評価技術

CFRP等複合材料に用いられる強化繊維の引張特性を評価する技術。繊維を1本ずつまたは繊維束ごと評価可能

T-12炭素繊維等の樹脂との密着性評価

炭素繊維強化複合材料(CFRP)に用いられる繊維について樹脂との密着性(界面せん断強度)を実測

熱特性

T-17高温X線回折を用いた粉末試料の熱膨張率評価技術

通常、熱膨張率測定はバルク試料にて行う必要があるが本手法では粉末試料の熱膨張率評価を行うことが可能

電気特性

T-18ミリ波帯での高精度評価技術 ~5G通信、自動運転への貢献~

ミリ波帯での無線通信デバイス向け材料の誘電特性および電波吸収特性の高精度な評価

T-22多層構造のGHz帯複素誘電率および温度依存性評価技術

多層構造における各層の複素誘電率(ε’-iε’’)を導出する自由空間法Sパラメータ評価+新解析プロセスを構築

T-25セラミックス材料の電気抵抗評価技術

Max. 1200 ℃までの高温域、各種雰囲気での測定が可能
被測定物の抵抗値により測定方法を2種類から選択

構造特性

T-31X線CTによる材料評価技術

【直交型(一般的)】JFCCでは3種類のX線管球を選択可能
【斜め照射型】基板形状の試料を切り出し不要で撮影可能

微構造

T-38EBSD法を用いた微細領域高精度歪み解析技術

EBSD-wilkinson法は、EBSD-KAM等による歪み解析では検出が困難な極小さな歪みを検出することが可能

T-39EBSD-EDS同時取得による結晶方位および相分離解析技術

従来のEBSD法では結晶相分離が困難な材料系に対して、EDS元素分析と組み合わせることで相分離解析が可能

第6回関西高機能セラミックス展に参加いただき、ありがとうございました

 インテック大阪で開催された第6回関西高機能セラミックス展(6/23~25)に協賛・出展いたしました。
 コロナ禍にもかかわらず多くの方にご来場いただき、ありがとうございました。

開催概要

開催日 :2021年6月23日(水)~25日(金) 10:00~17:00

開催会場:インテックス大阪

同時開催:高機能フィルム展、高機能プラスチック展、高機能金属展、サステナブル・マテリアル展、等

2021年度 第1回JFCC先端技術セミナー
「脱炭素イノベーションをめざした革新材料開発/解析技術」にご参加いただきありがとうございました

 カーボンニュートラルに向けた取り組みが喫緊の課題となっている昨今の状況を踏まえ、JFCCにおける当該分野での最先端の研究開発の取り組みをご紹介させて頂きました。

【日時】  2021年5月13日(木)13時30分~15時

【配信方法】Teamsで配信

【プログラム】

 講演1:脱炭素社会のパワーエレクトロニクスを支える半導体欠陥評価技術

 講演者:材料技術研究所 上級研究員 姚 永昭

 概 要:絶大な省エネ効果をもたらす先進パワー素子の実用化にはワイドギャップ半導体の欠陥を低減することが必須です。本講演では、JFCCが独自に開発しましたSiC、GaN、Ga2O3、AlNの欠陥を”非破壊でも見る技術”を紹介いたしますので、ぜひデバイス開発にご利用下さい。

 講演2:脱炭素社会に向けたマテリアルズインフォマティクス

 講演者:ナノ構造研究所 主席研究員 森分 博紀

 概 要:脱炭素社会実現のためには蓄電デバイス、エネルギーデバイスをはじめとする材料性能の高度化が必要です。近年、材料開発に理論計算、情報学を取り入れたマテリアルズインフォマティクスが注目され活用されています。本講演ではJFCCにおけるマテリアルズインフォマティクスの取り組みを解説し、今後の展開を展望いたします。

2020年度JFCC研究成果発表動画をご視聴いただき、ありがとうございました

 7月に開催予定の研究成果発表会は昨今の状況を鑑み中止し、口頭発表を予定していた今年のトピックステーマの動画を公開いたしました。多くの方にご視聴いただき、ありがとうございました。

[概要]

・公開期間 2020年7月28日(火)~2021年3月31日(水)
・動画リスト

第5回高機能セラミックス展にご参加いただき、ありがとうございました

 幕張メッセで開催された第5回高機能セラミックス展(12/2~4)に協賛・出展いたしました。
 コロナ禍にもかかわらず多くの方にご来場いただき、ありがとうございました。

[開催概要]
・開催日 2020年12月2日(水)~4日(金) 10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
・同時開催 高機能フィルム展、高機能プラスチック展、高機能金属展、接着・接合EXPO、高機能塗料展など

第5回関西高機能セラミックス展、およびセミナーへ参加いただき、ありがとうございました

 インテックス大阪で開催された第5回関西高機能セラミックス展(10/7~9)に協賛・出展いたしました。
 またJFCC研究員によるセミナーを開催いたしました。

・開催日時:2020年10月7日(水)~9日(金) 10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
・開催会場:インテックス大阪 6号館Aホール(小間番号 50-12)

<セミナー情報>
10/8(木)
「セラミックスのレーザー焼結技術と今後の展望」
 材料技術研究所 先進構造材料グループ 木村 禎一

10/9(金)
「高温過熱水蒸気を利用した脱脂プロセスの高速化と今後の展望」
 材料技術研究所 環境材料グループ 和田 匡史

nano tech 2020出展 及び、セミナー ご参加いただき、ありがとうございました

 東京ビッグサイトで開催されるnano tech 2020(1/29~31)に出展いたしました。(JFCCブース2W-J27) また、JFCC研究員によるセミナー(聴講無料)を開催いたしました。

日時 1/30(木) 13:15~14:00
場所 東京ビッグサイト 西2ホール内 シーズ&ニーズセミナーB会場
【講演タイトル】 環境電子顕微鏡技術による電解液中電池反応の挙動解析
【講演概要】 環境電子顕微鏡は、解析したい材料が実際に使われる環境(ガス雰囲気・液中など)下にある状態で、その挙動を観察することが出来る技術である。今回我々は、次世代蓄電池のひとつである亜鉛空気電池の負極で起こる反応を、電解液中で直接観察することを試みた。
その結果、充電時に起こる亜鉛の樹状析出(デンドライト生成)や、亜鉛活物質の不活化などを捉える事に成功し、劣化挙動の一端を明らかにすることができた。講演では、その他の液中試料観察の事例等についても紹介する予定である。
【講師】 ナノ構造研究所、環境電子顕微鏡グループ
主任研究員 川﨑 忠寛


第4回高機能セラミックス展 ご参加いただき、ありがとうございました

 幕張メッセで開催された第4回高機能セラミックス展(12/4~6)に協賛・出展いたしました。

[ 開催概要 ]

開催日 2019年12月4日(水)~6日(金)10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
同時開催 高機能フィルム展、高機能プラスチック展、高機能金属展、接着・接合EXPO、高機能塗料展など


明日を拓くモノづくり新技術2019
あいち産業科学技術総合センター・JFCC・名古屋市工業研究所・名古屋商工会議所による合同発表会
ご参加いただき、ありがとうございました

 愛知県は“製造品出荷額41年連続日本一”のモノづくり県であり、それを維持するためには今後もモノづくりを発展させる研究に取り組み続けることが不可欠です。この発表会では、愛知県立大学の小栗先生の最先端のAI/IoTに関する基調講演に加えて、主催の各試験研究機関における研究開発事例を発表しました。

[ 開催要項 ]

日時 令和元年11月29日(金)13:10~17:20
場所 「知の拠点あいち」あいち産業科学技術総合センター 1階講習会室
(豊田市八草町秋合1267-1)

[ プログラム ]

13:10 ~ 13:15

開会挨拶

13:15 ~ 14:15

基調講演

愛知県立大学 情報科学部 教授 小栗宏次 氏

 センサの小型化と高機能化、さらにGPUの高性能化により、いろいろな場面でIoTバイオセンシングが行われるようになってきている。また、こうして得られたデータをディープラーニング等のAIデータ解析技術によりデータマイニングすることも容易になってきた。本講演では、小栗研究室で実施している、光電容積脈波ならびに画像脈波によるカフレス血圧推定技術と、画像解析による非接触排尿、排便特徴量自動計測システムについてその概要を紹介するとともに、IoTバイオセンシングとAIデータマイニングの課題と今後の展望について述べる。

14:20 ~ 16:30
(途中10分間休憩)

各機関の成果発表 6テーマ

・熱対策技術のための熱画像計測

名古屋市工業研究所

・シンクロトロン光の清酒酵母育種への利用

あいち産業科学技術総合センター

・エアロゾルデポジション法を用いたセラミックス膜の形成

ファインセラミックスセンター

・プラスチックの振動減衰特性評価

名古屋市工業研究所

・自動車軽量化のための熱可塑性炭素繊維強化樹脂(CFRTP)の加工技術開発

あいち産業科学技術総合センター

・省エネルギーに貢献する輻射抑制膜の開発

ファインセラミックスセンター

16:30 ~ 17:20

見学会
・あいちシンクロトロン光センター ・高度計測分析機器 ・産業デザイントライアルコア など



ファインセラミックスシンポジウム2019へのご参加、ありがとうございました

 中部地域にはファインセラミックス分野の先導的研究機関・企業が集積しており、基幹産業の一つとしてその発展が期待されています。
 当財団では、毎年、大学・企業の第一線の専門家をお招きし、ファインセラミックスの現状と将来動向に関するシンポジウムを開催してまいりました。
 本年度は、『IoTを支える材料・要素技術開発』と題して、第一線でご活躍の方々にSociety5.0において重要な役割を担うIoTの動向と主要な要素技術であるイメージセンサ、エネルギーハーベスティング、チップ型二次電池、車載半導体センサについて、材料・要素技術開発における課題や将来展望をわかりやすくご講演いただきました。

[ プログラム ]

13:00~13:05

開会挨拶

13:05~14:05

基調講演「ソフトバンクのIoT戦略 ~パートナーとの共創と次世代のIoT~

ソフトバンク株式会社 IoT & AI技術本部 IoT技術戦略統括部 IoT戦略部 アライアンス推進課 課長  神谷 義孝 氏

14:05~14:45

講演1 「Society5.0を進化させるイメージセンサ技術

ソニー株式会社 主席技監  上田 康弘 氏

14:45~14:55

休憩

14:55~15:35

講演2 「エネルギーハーベスティングの最新動向と課題、今後の展望

株式会社NTTデータ経営研究所 シニアマネージャー  竹内 敬治 氏

15:35~16:15

講演3 「チップ型セラミックス二次電池EnerCera® シリーズのご紹介 -用途展開を中心に-

日本ガイシ株式会社 執行役員 エレクトロニクス事業本部 ADC事業部 事業部長  大和田 巌 氏

16:15~16:55

講演4 「デンソーにおける車載半導体センサと材料開発への取り組み

株式会社デンソー 先端技術研究所 マテリアル研究部 課長  加納 一彦 氏

16:55~17:25

講演5 「高度画像解析技術と先端的電子顕微鏡技術の融合によるナノ計測インフォマティクス

一般財団法人ファインセラミックスセンター ナノ構造研究所 主任研究員  山本 和生

17:25~17:30

閉会挨拶


日時 2019年10月25日(金)13:00~17:30
会場 愛知県産業労働センター ウインクあいち 5F 小ホール1

第4回関西高機能セラミックス展 協賛出展 及び、セミナーご参加いただき、ありがとうございました

 インテックス大阪で開催された第4回高機能セラミックス展(5/22~24)に協賛・出展いたしました(JFCCブース1-18)。また、下記日程でJFCC研究員によるセミナー(事前申込で聴講無料)を開催いたしました。

○開催概要

開 催 日:2019年5月22日(水)~24日(金)10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)

開催会場:インテックス大阪 

同時開催:高機能フィルム展、高機能プラスチック展、高機能金属展、接着・接合EXPO、高機能塗料展

第27回 ナノ構造研究所 材料計算セミナー ご参加いただき、ありがとうございました

 ナノ構造研究所の活動の一環として、下記のセミナーを開催いたしました。今回は、Materials Design社Ray Shan博士をお招きして、最新の理論計算技術およびそれを応用したハイスループット大規模計算、大規模古典分子動力学法の理論計算に関する講演を開催いたしました。

共催:新学術領域研究「複合アニオン化合物の創製と新機能」

[開催要項]

日時 2019年5月21日(火) 14:00~(受付開始:13:30)
場所 一般財団法人ファインセラミックスセンター (案内図はこちら

[ プログラム ]

13:30
受付開始
14:00
開会挨拶  ナノ構造研究所 森分博紀 グループ長
14:10
最新の第一原理計算とその応用 I
 Materials Design 社 Ray Shan 博士
「High Value from High Throughput in the MedeA」
15:20
休憩
15:40
最新の第一原理計算とその応用 II
 Materials Design 社 Ray Shan 博士
「Extending first-principles level of accuracy to classical regime」
16:30
ディスカッションタイム
16:55
まとめ
17:00
終了予定

第6回最先端の顕微鏡と理論計算に関する国際シンポジウム(AMTC6)へご参加いただき、ありがとうございました

 JFCCが主催する最先端の顕微鏡と理論計算に関する国際シンポジウム(The 6th International Symposium on Advanced Microscopy and Theoretical Calculations (AMTC6)の専用ホームページを開設しました。

日時 2019年6月14日(金)~6月15日(土)
場所 愛知県産業労働センター「ウインクあいち」 名古屋市中村区名駅4丁目4-38
ホームページ  http://amtc6.com

nano tech 2019出展 及び、セミナー ご参加いただき、ありがとうございました

 東京ビッグサイトで開催されたnano tech 2019(1/30~2/1)に出展いたしました。(JFCCブース6S-10)
また、JFCC研究員によるセミナー(聴講無料)を開催いたしました。

日時 1/30(水) 16:00~16:45
場所 東京ビッグサイト 東6ホール内 シーズ&ニーズセミナーB会場
【講演タイトル】 最先端電子顕微鏡技術を用いた機能性デバイスのオペランド観察
~全固体電池、半導体デバイス内部は、このように動作している!~
【講演概要】 半導体などの機能性デバイスは、構造や形態を制御することによって機能を発現させ、その機能を使ってデバイスとして動作させている。一般的な電子顕微鏡は、結晶構造や元素分布等を評価するために広く用いられているが、機能そのもの、つまり電場や磁場をナノスケールで観察するためには、特殊な電子顕微鏡技術が必要である。我々は、これまで、電場、磁場を可視化できる電子線ホログラフィーを用いて、半導体や全固体Liイオン電池内部の電位分布を観察してきた。
本講演では、電子顕微鏡内で、実際に半導体や全固体電池を動作させ、内部の電位変化やLiイオンの変化を、その場で捉えた結果について紹介する。
【講師】 ナノ構造研究所、電子線ホログラフィーグループ
主任研究員 山本 和生