沿革

History

年譜

昭和 60 年度
(1985)
4月 財団法人ファインセラミックスセンター設立総会開催
会長に岩田弍夫 及び 理事長に森田正俊が就任
5月 財団法人ファインセラミックスセンター設立許可
5月 試験研究所長に奥田博が就任
6月 税法上の試験研究法人(現特定公益増進法人)として認可
10月 建設用地(約5300 坪)を取得し、建設工事に着工
3月 ファインセラミックスフェア開催(~2002)
昭和 61 年度
(1986)
5月 東京駐在事務所開設(~1996)
3月 建物完成(試験研究棟、事務棟、研究実験棟)
昭和 62 年度
(1987)
4月 本格的事業開始
2月 財団法人国際超電導産業技術研究センターに対し建物施設の一部を貸与(~2008)
3月 事務棟2階に展示ホール開設
平成元年度
(1989)
7月 第1回「JFCC研究発表会」を東京及び名古屋で開催(以後毎年開催)
平成 2 年度
(1990)
4月 試験研究所長に磯谷三男が就任
3月 理事長に大橋正昭が就任
平成 3 年度
(1991)
4月 皇太子殿下(当時)が当財団をご視察
平成 4 年度
(1992)
6月 会長に土方武が就任
平成 6 年度
(1994)
1月 シナジーセラミックス研究所を財団内に設置(~2004)
平成 7 年度
(1995)
5月 設立10周年
平成 8 年度
(1996)
4月 試験研究所長に柳田博明が就任
平成 9 年度
(1997)
3月 会長に佐波正一が就任
平成 10 年度
(1998)
6月 炭素系高機能材料技術の研究開発プロジェクト(FCT)を開始(~2003)
6月 東京事務所を開設(~2006)
平成 13 年度
(2001)
12月 試験研究所長に平井敏雄が就任
2月 第2実験棟を新設
平成 14 年度
(2002)
4月 試験研究所を材料技術研究所へ改称
6月 会長に瀬谷博道が就任
6月 「ムジカセラミカ振興会」設立、事務局を担当
平成 15 年度
(2003)
6月 理事長に野嶋孝が就任
平成 16 年度
(2004)
10月 文部科学省科学研究費補助金の申請研究機関に指定
平成 17 年度
(2005)
5月 設立20周年
平成 18 年度
(2006)
4月 研究所長に種村榮が就任
平成 19 年度
(2007)
4月 「ナノ構造研究所」設立
12月 電子顕微鏡棟を新設
平成 20 年度
(2008)
6月 最先端の顕微鏡と理論計算に関する国際シンポジウム(AMTC)を開催(2008~)
3月 会長に庄山悦彦が就任
平成 21 年度
(2009)
3月 理事長に岡本一雄が就任
平成 23 年度
(2011)
2月 『非営利・一般財団法人』へ移行
平成 24 年度
(2012)
4月 研究所長に髙田雅介が就任
平成 25 年度
(2013)
3月 試験評価・機器利用収入額3億円を達成
平成 27 年度
(2015)
5月 設立30周年
6月 理事長に服部哲夫が就任
平成 29 年度
(2017)
4月 名古屋大学未来材料・システム研究所と包括連携協定を締結
令和元年度
(2019)
6月 会長に十倉雅和が就任

戻る

沿革