試験評価

Testing & Evaluation Services

1-1.材料試験 | 機械特性

 材料の強度・破壊挙動の評価・解析による部材の信頼性向上への貢献を目的とし、試験を行います。最新の試験方法での対応を心がけています。主な試験項目は曲げ、引張り、圧縮、クリープ、靱性、硬さ、粗さ、磨耗、弾性定数です。

種別 項目 単位 単価(円)
曲げ強さ試験
(常温:JISR1601)
(高温:JISR1604)
(多孔体:JISR1664)
[大気中] 室温 1本 5,000
[不活性雰囲気・真空中] 室温 1本 15,000
[大気中・不活性雰囲気・真空中] 100℃~500℃未満 1本 16,000
[大気中・不活性雰囲気・真空中] 500℃~1000℃未満 1本 27,000
[大気中・不活性雰囲気・真空中] 1000℃~1400℃未満 1本 34,000
[大気中・不活性雰囲気・真空中] 1400℃~1500℃ 1本 40,000
ヤング率を同時に求める場合(ポアソン比不可) 1試料につき 7,000 加算
データ解析(ワイブル係数) 1水準 10,000 加算
テストピース作製 1本 6,400~
種別 項目 単位 単価(円)
圧縮強さ試験 (1)
(歪みゲージ使用)
(JISR1608)
最大荷重200kN
大気中(最大荷重24ton) 室温 1本 20,000
ヤング率を同時に求める場合 1試料につき 4,000 加算
ポアソン比およびヤング率を同時に求める場合 1試料につき 7,000 加算
テストピース作製 1本 6,400~
圧縮強さ試験 (2)
(破壊のみ)
最大荷重 500kg
[大気中・真空・不活性雰囲気] 室温 1本 12,000
[大気中・真空・不活性雰囲気] 100℃~500℃未満 1本 22,000
[大気中・真空・不活性雰囲気] 500℃~1000℃未満 1本 33,000
[大気中・真空・不活性雰囲気] 1000℃~1400℃未満 1本 44,000
[大気中・真空・不活性雰囲気] 1400℃~1500℃ 1本 50,000
ヤング率を同時に求める場合(ポアソン比不可) 1試料につき 7,000 加算
テストピース作製
(材質により試験ができない場合があります)
1本 7,400~
種別 項目 単位 単価(円)
引張り強さ試験
平板試片
(JISR1606)
[大気中] 室温 1本 22,000
[大気中] 500℃未満の高温 1本 27,000
[大気中] 500℃~1000℃未満 1本 35,000
[大気中] 1000℃~1400℃未満 1本 45,000
[大気中] 1400℃~1500℃ 1本 50,000
ヤング率を同時に求める場合(室温のみ) 1試料につき 7,000 加算
ポアソン比およびヤング率を同時に求める場合(室温のみ) 1試料につき 10,000 加算
テストピース作製
(材質により試験ができない場合があります)
-- 20,000
種別 項目 単位 単価(円)
単繊維引張り強さ試験
(炭素繊維、セラミックス繊維対象)

内容:専用台紙(ゲージ長さ25mm)への貼付
レーザー回折法による直径測定(測定可能範囲:5~20μm、[1点/本])
破断荷重測定,引張り強さの算出

条件:供試繊維長さは60mm以上要、1本ごとにほぐれること
受注単位:1供試材につき20本以上
室温のみ対応

電子顕微鏡による繊維径測定、弾性率算出、ゲージ長変更等別途料金にて対応可
1本 17,000
種別 項目 単位 単価(円)
硬さ試験
(ビッカース、ヌープ:JISR1610)
ビッカース、ヌープ、ロックウェル  室温 1試料
(1荷重5点測定)
10,000
試料調製(樹脂埋め等) 1試料 10,000
テストピース作製(切断、研削、研磨) 1試料 11,000~
テストピース作製(研削、研磨) 1試料 6,200~
微小硬さ試験 (ISO14577-1) 1試料
(1荷重5点測定)
12,000
種別 項目 単位 単価(円)
粗さ試験 一般測定(1試料3点測定) 1試料 14,000
種別 項目 単位 単価(円)
密度 比重・アルキメデス法(自動比重計) 1試料 11,000
追加1試料 5,000
JISR1634 焼結体密度、気孔率(煮沸法) 1試料 33,000
追加1試料 15,000
テストピース作製 1試料 7,400~
種別 項目 単位 単価(円)
ヤング率測定 静的方法
圧縮 大気中・室温 1本 14,000
曲げ 大気中・室温 1本 11,000
引張り 大気中・室温 1本 21,000
動的方法(常温 JISR1602)(高温 JISR1605)(多孔体 JISR1659)
パルス法 大気中・室温 1本 10,000
曲げ共振法 大気中・室温 1本 10,000
曲げ共振法 大気中・100℃~1,000℃未満 1本 30,000
曲げ共振法 大気中・1,000℃~1,200℃ 1本 48,000
温度1水準加わる毎に -- 17,000 加算
テストピース作製 1本 7,400~
種別 項目 単位 単価(円)
ボアソン比測定
(ヤング率を含む)
静的方法
圧縮 大気中・室温 1本 17,000
引張り 大気中・室温 1本 24,000
動的方法
パルス法 大気中・室温 1本 11,000
共振法(曲げ、ねじり) 大気中・室温 1本 13,000
共振法(曲げ、ねじり) 大気中・100℃~1,000℃未満 1本 48,000
共振法(曲げ、ねじり) 大気中・1000℃~1200℃ 1本 71,000
温度1水準加わる毎に -- 23,000 加算
テストピース作製 1本 7,400~
種別 項目 単位 単価(円)
破壊靱性測定 IF法(常温 JISR1607)
大気中・室温(1試料5点測定) 1試料 11,000
SEPB法(常温 JISR1607)
大気中・室温 1本 12,000
不活性雰囲気・室温 1本 20,000
テストピース作製 1本 7,600~
SEVNB法(JFCCオリジナル)
[大気中] 室温 1本 8,000
[不活性雰囲気] 室温 1本 17,000
[大気中・不活性雰囲気] 100℃~500℃未満 1本 19,000
[大気中・不活性雰囲気] 500℃~1000℃未満 1本 29,000
[大気中・不活性雰囲気] 1000℃~1400℃未満 1本 35,000
[大気中・不活性雰囲気] 1400℃~1500℃ 1本 42,000
試片加工(SEVNB法用Vノッチ) 1本 6,400~
種別 項目 単位 単価(円)
疲労試験
(室温:JISR1621)
(高温:JISR1658)
曲げ疲労試験 大気中・室温~1,400℃ 基本料金 53,000
装置使用時間 室温(1試料1時間につき) 100時間未満 2,500
100時間以上 1,300 加算
装置使用時間 100℃~1400℃(1試料1時間につき) 100時間未満 5,000
100時間以上 2,500 加算
試料数と条件変更 1(室温) 6,500
1(高温) 9,000
テストピース作製 1本 6,400~
引張り疲労(荷重条件、温度時間等事前打合せを行ないます) -- 別途相談
種別 項目 単位 単価(円)
クリープ試験
常温・高温
曲げクリープ試験
大気中・室温~1400℃ 基本料金 53,000
装置使用時間 室温(1試料1時間につき) 100時間未満 1,800
100時間以上 1,000 加算
装置使用時間 100℃~1400℃(1試料1時間につき) 100時間未満 3,800
100時間以上 1,800 加算
試料数と条件変更 1(室温) 6,500
1(高温) 9,000
テストピース作製 1本 6,400~
引張りクリープ試験
(荷重条件、時間、結果解析等事前打合せを行ないます)
-- 別途相談
種別 項目 単位 単価(円)
摩耗試験 高温高圧水中法
室温 1試料 50,000
高温(~300℃) 1試料 120,000
種別 項目 単位 単価(円)
オートクレーブ試験 水熱処理 100℃~300℃ 基本料金 25,000
1時間につき 5,000
上記の単価には消費税を含みません
種別 項目 単位 単価(円)
熱衝撃試験
(JISR1648)
急冷強度測定法(水中急冷式) 100℃~1200℃ 温度1水準
n=5以内
40,000
急冷のみ(強度試験なし) 100℃~1200℃ 温度1水準 25,000
テストピース作製 1本 7,600~

戻る

曲げ試験の概要

試験片サイズ

超微小硬度計による材料特性の評価

3点曲げ試験法と4点曲げ試験法

弾性定数測定(ヤング率、ポアソン比)

超音波パルス法と圧縮法

共振法による弾性定数測定

弾性定数測定の解説図

SEPB法による破壊靱性(KIC)の評価

KICの算出

水中急冷法による耐熱衝撃性の評価

耐熱衝撃性の評価の解説図

試験評価のお申込みはこちら

お問合せ窓口

戻る