試験評価

Testing & Evaluation Services

4.分光分析

 ラマン分光分析法、赤外分光分析法で化学結合状態の評価・解析を行います。ラマン分光分析は顕微分光専用で、試験片の加熱・冷却測定、赤外分光分析は積分反射、赤外線放射率等の特殊測定が可能です。
 紫外可視赤外分光測定は積分球測定が可能です。発光特性分析として250-1700nmの発光、250-900nm励起測定が可能です。

種別 項目 単位 単価(円)
ラマン分光分析 試料調製 -- 別途相談
ポイント測定 基本料 -- 50,000
ポイント測定 1測定点 15,000
マッピング測定 基本料 -- 250,000
マッピング 1点 500
加熱・冷却測定・紫外・赤外励起 -- 別途相談
解析及び補足データが必要なとき -- 別途相談
種別 項目 単位 単価(円)
赤外分光分析
(FTIR)
試料調製 -- 別途相談
測定 透過法(通常測定) 1試料 33,000
  追加1試料 10,000
解析及び補足データが必要なとき -- 別途相談
種別 項目 単位 単価(円)
赤外線放射率 間接測定
(室温反射率測定から室温~1000℃(5温度水準)の放射率を算出する)
1試料 58,000
追加1試料 12,000
種別 項目 単位 単価(円)
紫外可視近赤外分光測定 第1試料測定 1試料 35,000
追加測定 追加1試料 6,000
上記の単価には消費税を含みません
種別 項目 単位 単価(円)
発光特性分析 試料調製(ペレット作製) 1試料 3,000
相対輝度、色度座標決定 1試料 22,000
PL測定
 可視光域 250~840nm 1測定 12,000
 赤外光域 840~1700nm* 1測定 12,000
  *その他消耗品(LN2) が必要となります。 1式 別途相談
PLE測定
 励起光域 250~900nm 1測定 12,000

戻る

間接測定法による赤外線放射率の測定

FT-IRによる積分球を用いた間接測定法は、赤外線放射率を短時間で、確実に測定することが可能

「間接測定法」と、試料を加熱して放射率を求める「直接法」との比較

直接法の問題点

・測定に時間がかかる(1日1試料程度)。
・室温近傍での測定が難しい。

間接測定法の利点

・測定は室温で行い、測定時間も数分。
・粉、粒、繊維状の試料も測定可能。

日本遠赤外線協会のラウンドロビン試験で、放射率測定用標準試料(SiC焼結体)を測定。

本装置による測定データは、各種の直接法による得られた測定データのばらつきの範囲内。

積分球の外観
図1. 積分球の外観
積分球の概略構成
図2. 積分球の概略構成

間接測定法における赤外線放射率の算出方法

① 室温での分光反射率を測定。
② 1-反射率=放射率より、室温での分光放射率を算出。
③ 任意温度での黒体のデータと比較し、その温度での放射率を算出。

試験評価のお申込みはこちら

お問合せ窓口

戻る